ライアー:アフロディーテの竪琴のブログ

写真はリーアノンの腕の部分を握りやすい様に小刀で削っていくところです。人間の手は握ったとき、 優しさと、美しさを感じます。機械では真似ができない領域です。女性の手は柔らかくできています。 この竪琴(ライアー)の握り部分はその意味でも女性にとって、大切な箇所なのです。

チューニングの魅力その3 ライアー:アフロディーテの竪琴のブログ

チューニングの魅力その3 http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html webをサーフィングして見つけた上記ブログのコピペです。その#3 ちなみに、地球のピッチであるシューマン波の7.83hzで音階をあげていくとA=421.390011…hzにたどり着きます…!?…この数値は何処かで見たことがある… それが『モーツァルトの音叉』。 モーツァルトが持っていた音叉の周波数が……『A=421.6hz』…これは…どう言う事だ。モーツァルト…何故にこんな値を知ってたの!?モーツァルトが使っていた音階は純正律かミーントーンでは無かろうかと言われている。 バッハが平均律を見つけ出す布石に差し掛かり、そして実は実は、モーツァルト…平均律に近い音階を、既に使っていたんじゃ…。 純正律で、α波8hzスタートで合わせていくとA=426.666hzになる。純正律で、シューマン波7.83hzスタートで合わせていくと A=417.6hzになる。これは、何となく違う気がする。モーツァルトは、純正律でもミーントーンでもなかった気がしてくる…。じゃモーツァルトの音叉 『421.6hz』はただの偶然なのだろうか…。 一秒の値を極限まで突き止めた周波数に由来する基準ピッチも求めました。計算はめんどくさいから省きます。一応は面白い結果が出ましたが、これは信憑性にかなり欠けます。 一応±302桁まで計算できるの計算機を使いました。 ストロンチウム光格子振動数(429228004229873.3回振動/s)×φの値をオクターブごと

チューニングの魅力その2 ライアー:アフロディーテの竪琴のブログ

チューニングの魅力 その2 http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html webをサーフィングして見つけた上記ブログのコピペです。その#2 それで探す事になった(なってしまった)訳です。本来何処かに快適な調律ピッチが…ある筈だ…。と。 多分潜在的に限定的な528hzや432hzや396hz,852hz,963hzなどの…限定した周波数に特定するのではなく、自然と倍加していく周波数の比率にあったそれに相応しい基準値…これがあると思われます。 音楽は特定的な周波数の集まりではありません。比率の噛み合いで起きる全体的な周波数からなるのが音楽だからです。 最初のお話でも書かせていただきましたが、ヨーロッパや主にコーカソイド、白色民族系に多い基準値、A=444hz~442hz基準値、ここからビートルズが拡散した440ピッチへ移行…非常に重苦しくなる…それが恐怖や悪魔の音楽の様に感じられた…。 それは444~442hzピッチでのクラシックなどをどっぷりと聴いてきた大人達の印象と言葉です。 しかし若者達には、全く真逆の集団ヒステリーが起きるほどのファンの活性化現象が起きた。 つまり自然な本来の基準値は潜在的に何処かにあり、クラシックを聴きすぎた大人達は重苦しくなるが、そこまで影響を受けていない若者には、それより上がった440hzで活性化された為では無いでしょうか。 より近い近似値の方がより誘発、誘導接近しやすい効果と、古いものより新しいものを好む若者達は当然の如く444hz~442hz

小さなライアー:アフロディーテの竪琴・ハートモデル

無垢の木から削り出した手作りの小さなライアー( アフロディーテの竪琴・ハートモデル )です。小さな音ですが、優しい心温める癒しのサウンドです。¥56,000~¥63,000(付属品込、税別)。 詳細はこちらのページよりhttp://aphroditeharp.wix.com/harp

チューニングの魅力 その1 ライアー アフロディーテの竪琴ブログ

ライアー アフロディーテの竪琴:チューニングについて webをサーフィングしていて見つけたサイトです。 http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html ここからコピペしました。 『ならまんまやはり432hzが良いのでは? 最初に、聴いているより、自ら弾く方が直に影響を受けます。前回のお話で出てきた432hzが左利きや、右脳系の右利きを、右脳過多にし過ぎた洗脳状態に引っ張り込むこれまた危険な周波数調律。と説明しました。 確かにA=436hzで実際に試してみた場合、440hzよりも低い方。この方が落ち着くし、音的な感覚でも『捉えられている』と言う感じを受けられました。 そして、432hzも同じく良い筈ですが、実際には、その危険性を感覚では捉えた説明はまだ何もしていなかったので、これまた実際に『試してみるしかないか…。』に至りました。 実際に弾いてみて確かに432hzは良いです。今回も誰かの曲では無く、自由気まままにその場の感情を曲にして弾きました。弾いていてメロディも 440hzチューニングより濃厚になり、意味が深くなります。本当に味わい深い。平均律での長3度や5度や4度が微妙にずれている弦楽器には特に適してい るのでは無いでしょうか。 しかし、それは良い面だけの話です。『ん~やっぱり432hzが良い♪』なんて僕も初めは思いずっと弾いていたのです。あまりにも、僕の感情が色濃く音に 表現できるので、それが心地よくもあり、数時間ほど引き続けました。ですが弾いていくうちに、なにやら気持ちが重くなり

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright@アフロディテの竪琴(ライアー),Aphrodite Harps, TATEGOTO  All Right Reserve.
  • YouTube App Icon