August 16, 2016

いよいよSERENA MARIAさんのNEWCDが発売されます。

当店でもご予約受けさせていただいています。

August 11, 2016

写真はリーアノンの腕の部分を握りやすい様に小刀で削っていくところです。人間の手は握ったとき、

優しさと、美しさを感じます。機械では真似ができない領域です。女性の手は柔らかくできています。

この竪琴(ライアー)の握り部分はその意味でも女性にとって、大切な箇所なのです。

August 4, 2016

チューニングの魅力その3

http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html
webをサーフィングして見つけた上記ブログのコピペです。その#3

ちなみに、地球のピッチであるシューマン波の7.83hzで音階をあげていくとA=421.390011…hzにたどり着きます…!?…この数値は何処かで見たことがある…

それが『モーツァルトの音叉』。

モーツァルトが持っていた音叉の周波数が……『A=421.6hz』…これは…どう言う事だ。モーツァルト…何故にこんな値を知ってたの!?モーツァルトが使っていた音階は純正律かミーントーンでは無かろうかと言われている。

バッハが平均律を見つけ出す布石に差し掛かり、そして実は実は、モーツァルト…平均律に近い音階を、既に使っ...

August 3, 2016

 チューニングの魅力 その2

http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html
webをサーフィングして見つけた上記ブログのコピペです。その#2



それで探す事になった(なってしまった)訳です。本来何処かに快適な調律ピッチが…ある筈だ…。と。


多分潜在的に限定的な528hzや432hzや396hz,852hz,963hzなどの…限定した周波数に特定するのではなく、自然と倍加していく周波数の比率にあったそれに相応しい基準値…これがあると思われます。

音楽は特定的な周波数の集まりではありません。比率の噛み合いで起きる全体的な周波数からなるのが音楽だからです。

最初のお話でも書かせていただきましたが、ヨーロッパや主にコーカソイド、白色民族系に多...

無垢の木から削り出した手作りの小さなライアー( アフロディーテの竪琴・ハートモデル )です。小さな音ですが、優しい心温める癒しのサウンドです。¥56,000~¥63,000(付属品込、税別)。 詳細はこちらのページよりhttp://aphroditeharp.wix.com/harp

August 1, 2016

ライアー アフロディーテの竪琴:チューニングについて

webをサーフィングしていて見つけたサイトです。

http://blog.livedoor.jp/atlastman/archives/40111538.html

ここからコピペしました。


『ならまんまやはり432hzが良いのでは?

最初に、聴いているより、自ら弾く方が直に影響を受けます。前回のお話で出てきた432hzが左利きや、右脳系の右利きを、右脳過多にし過ぎた洗脳状態に引っ張り込むこれまた危険な周波数調律。と説明しました。

確かにA=436hzで実際に試してみた場合、440hzよりも低い方。この方が落ち着くし、音的な感覚でも『捉えられている』と言う感じを受けられました。

そして、432hzも同じく良い筈ですが、実際には、その危険性を感覚では捉えた説明は...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright@アフロディテの竪琴(ライアー),Aphrodite Harps, TATEGOTO  All Right Reserve.
  • YouTube App Icon