似て非なる ライアーとライアーハープについて

最近、ライアー演奏レッスンのお問い合わせをいただく際に小型のライアーハープを持っているのですが、レッスンを受講できますかと言った内容のご質問をいただくことがございます。


結論から申し上げますと、ライアーとライアーハープはとても似ていますが全く異なる楽器です。

つまりライアーハープではライアーのレッスンは受けることができないという事になります(^^;


ではどのような違いがあるのかをご説明させて頂き、一見違いがわかりづらい2つの楽器の違いを情報として多くの方に知って頂きたいと思いますし、楽器選びをお考え中の方にとって選ぶ際の判断材料にしていただけたらなと思っております。


自分も実際にライアーハープを入手された方に楽器を見せていただきましたが、パッと見は小型ライアーとよく似ていて、実際の楽器を見たことがない人や触ったことがない方からすれば2つの違いが分かりづらいのもうなずける部分がありました。

そもそも楽器の名前がまぎらわしいですね...

このライアーハープは主にインターネットショッピングなどで入手できるようで価格は数千円~1万円前後のものが多くリーズナブルです。

これからライアーをはじめてみたいなという方にとっては気軽に入手でき吉報と思われるかもしれませんがちょっとお待ちいただきたいです。


一番の大きな違いは弦の並びと構造です。

ライアーは弦の並びが楽器正面向かって右側が最も低い音となり、左側に行くほど音が高くなっている並びでチューニングされています。

(楽器を抱えた時に自分に近い方が高音側です。)

また当店のライアーは大きさを問わず原則、全音と半音で構成されておりますので、多くの楽曲を演奏して楽しめるように設計されています。(※ひだまり、月輝呼モデルを除く)


一方ライアーハープはライアーとは真逆の弦の並びとなっていて、楽器正面左側が最も低い音となり右にいくほど音が高くなっていきます。どちらかで慣れてしまうともう一方はかなり弾きづらく感じてしまいますね。

またライアーハープは10本~16本程度の少数本の弦が張られ、弦間はライアーよりかなり広く全音のみのチューニングとなっています。


どちらの楽器もそれぞれの個性があると思いますので、違いをよく知って頂きよりご自身に合った楽器選びに役立てていただけましたら幸いです。






最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright@アフロディテの竪琴(ライアー),Aphrodite Harps, TATEGOTO  All Right Reserve.
  • YouTube App Icon